HOME > 文化庁月報 > 連載 「祭り歳時記 伝承を支える人々」

文化庁月報
平成25年7月号(No.538)

文化庁月報トップへ

連載 「祭り歳時記 伝承を支える人々」

湯津上のダイモジ(大捻縄)引について

大田原市黒羽芭蕉の館学芸員 新井敦史

記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財「湯津上のダイモジ(大捻縄)引」
選択年月日:平成5年11月26日
所在都道府県:栃木県

湯津上の大捻縄引

湯津上の大捻縄引

 湯津上のダイモジ(大捻縄)引は,栃木県那須郡湯津上村(現大田原市)大字佐良土の仲宿・田宿・古宿の3地区に伝承されてきた綱引き行事であり,昭和41年(1966)2月15日付で湯津上村指定文化財となり,平成5年(1993)11月26日付にて記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財となった。民俗学上,盆綱引きと呼ばれる習俗の1つで,栃木県内に現存するものとしては唯一である。
 実施日は毎年8月14日で,前記3地区(宿)が順番で当番をつとめ,佐良土の老若男女がこぞって参加することで行われてきた。当日は早朝から,当番となる宿において準備が始まり,事前に地域の農家から集められた(いね)(わら)によって,「ヒックビレ」と呼ばれる小さな藁の束がつくられる。続いて,材木を組んだ「ヤグラ」あるいは大木の股に「ヒックビレ」を下げて,縄を捻り上げていき,直径約50センチメートル,長さ50メートル余りにも達する大縄が完成する。当地では,縄を()うことを「モジル」と呼ぶので,これが行事の名称となったものと考えられる。
 当日の夜,佐良土の住宅街の中心を通る国道294号線上において,村内外から集まる大勢の人々の見守るなか,当番宿とほかの2つの宿とで対抗して,この大縄を引き合うこととなる。この綱引きに勝利すれば,その地区(宿)は豊作と無病息災が約束されるとして,大縄を引き合う姿はまさに真剣そのものであった。大捻縄引に使用された大縄は,8月27日に行われる諏訪神社(佐良土の鎮守)の例大祭に奉納され,村相撲の土俵として活用されることとなる。
 大捻縄引の起源については定かではないが,永正17年(1520)8月,那須資房と白河義永が(ほうき)(がわ)沿いの縄釣台で合戦に及んだ際,箒川の崖で両軍が縄の引き合いをしたことが始まりとも伝えられている。
 ただし,この行事は,大縄づくりの担い手や資金不足等の問題により,たびたび休止状態となっている。平成13年(2001),湯津上商工会主催による栃木県立なかがわ水遊園内での実施以来,5年ぶりの開催となったのは,平成18年7月29日であり,場所は同園内であった(同商工会主催)。このときは,若者たちに伝統文化を体感してもらうという趣旨のもと,恒例行事である「天狗(てんぐ)王国夏まつり」のなかに組み入れられて実施となった(その後,休止状態にあるが,再開に向けた取組が続いている)。

【参考文献】
○『那須文化研究』第20号(那須文化研究会,2006年)所収「那須地区通信(湯津上地区)「大捻縄引き」が5年ぶりに復活」(長谷川操氏執筆分)
○『大田原市の文化財』(大田原市教育委員会編集・発行,2012年)
【付記】本稿執筆にあたり長谷川操氏より御教示を賜った。ここに記して御礼申し上げる。

トップページへ

ページトップへ