HOME > 文化庁月報 > お知らせ 国立劇場ニュース

文化庁月報
平成25年10月号(No.541)

文化庁月報トップへ

お知らせ

11月の国立劇場
平成25年11月歌舞伎公演別ウィンドウが開きます

公演期間 2013年11月3日(日)〜2013年11月26日(火)
開演時間 12時開演(4時20分終演予定)
劇場 国立劇場大劇場
ジャンル 歌舞伎
演目・主な出演者
平成25年度(第68回)文化庁芸術祭協賛
近松半二ほか=作
山田庄一=監修
通し狂言 伊賀(いが)(ごえ)道中(どうちゅう)双六(すごろく) 四幕七場
国立劇場美術係=美術
序  幕
相州鎌倉和田行家屋敷の場
二幕目
大和郡山唐木政右衛門屋敷の場
同   誉田家城中の場
三幕目
駿州沼津棒鼻の場
同     平作住居の場
同     千本松原の場
大 詰
伊賀上野敵討の場
(出演)
坂 田 藤 十 郎
中 村 翫  雀
中 村 扇  雀
中 村 橋 之 助
中 村 亀  鶴
中 村 虎 之 介
片 岡 孝 太 郎
市 村 家  橘
市 村 萬 次 郎
坂 東 彦 三 郎
ほか

 剣豪・荒木又右衛門が義弟の助太刀をした「伊賀上野の敵討」は,「曽我兄弟の仇討」や「赤穂浪士の討入り」と並ぶ《日本三大敵討》の一つです。これを題材にした芝居や講談,実録本が多く作られましたが,その代表作が『伊賀越道中双六』です。敵討に至る過程を道中双六に見立てた趣向で,登場人物の様々な思いが交錯する人間ドラマが展開します。

 上杉家の家老・和田行家に悪計を見破られた沢井股五郎は,行家を殺害し,行家の倅・志津馬を負傷させ,逃亡します。志津馬の姉・お谷は,剣術に秀でた唐木政右衛門と駆け落ちして夫婦になりましたが,和田家から勘当されていました。政右衛門は志津馬の助太刀を望んでいますが,今のままでは,志津馬の義兄として正式に認められず,敵討に参加する大義名分がありません。さらに政右衛門は,仕官先の誉田家の剣術指南役に決まりかけていました。そこで,政右衛門が決意を胸に秘めて起こした,その行動とは……。
 志津馬は沼津宿で,女房のお米の介抱を受けていました。お米の父で雲助の平作は呉服屋十兵衛と知り合います。実は,十兵衛は生き別れた平作の息子で,しかも股五郎と関係の深い人物でした。それを知った平作は,十兵衛から股五郎の行方を聞き出そうとしますが……。
 二幕目の「政右衛門屋敷」(饅頭娘)と「誉田家城中」(奉書試合)では,お谷や誉田家の当主・大内記を始め周囲の人々とのやりとりの中で,武勇と分別を兼ね備えた政右衛門の苦衷が浮き彫りにされます。三幕目の「沼津」は単独でも度々上演される屈指の名場面。今回のように通し狂言の中の一場面として上演することで,十兵衛と平作・お米―親子兄妹の悲しい対面の物語が更なる感動を呼びます。
 歌舞伎界の最高峰に立つ藤十郎が当り役の十兵衛を勤めるほか,翫雀の大内記・平作,扇雀のお米,橋之助の政右衛門,孝太郎のお谷など興味深い配役でお送りします。錦秋にふさわしい珠玉の舞台をお楽しみください。

(手前中心より時計回りに) 呉服屋十兵衛:坂田藤十郎 雲助平作:中村翫雀 お米:中村扇雀 唐木政右衛門:中村橋之助 お谷:片岡孝太郎

(手前中心より時計回りに)
呉服屋十兵衛:坂田藤十郎
雲助平作:中村翫雀
お米:中村扇雀
唐木政右衛門:中村橋之助
お谷:片岡孝太郎

観劇料金 特別席   12,000円(学生8,400円)
1等A席   9,200円(学生6,400円)
1等B席   6,100円(学生4,300円)
2等A席   4,500円(学生3,200円)
2等B席   2,500円(学生1,800円)
3等席    1,500円(学生1,100円)
※3等席に限り,予約開始初日は,お一人様1ステージ2枚までの御購入に限らせていただきます。
※障害者の方は2割引きです
電話 国立劇場チケットセンター(10時〜6時)
0570-07-9900
03-3230-3000[PHS・IP電話]
インターネット http://ticket.ntj.jac.go.jp/別ウィンドウが開きます「パソコン」
http://ticket.ntj.jac.go.jp/m「スマートフォン」
電話・インターネット予約開始=10月6日(日)〜
※窓口販売開始=10月7日(月)〜

国立劇場
〒102-8656 東京都千代田区隼町4-1

交通
東京メトロ半蔵門線半蔵門駅1番出口より徒歩5分
有楽町線・半蔵門線・南北線の永田町駅4番出口より徒歩8分
ホームページ
http://www.ntj.jac.go.jp/別ウィンドウが開きます

トップページへ

ページトップへ