障害者による文化芸術活動推進事業

文化庁では,「障害者による文化芸術活動の推進に関する法律」に規定された基本的施策に沿って,鑑賞の機会の拡大・創造の機会の拡大・作品等の発表の機会の確保など,障害者による文化芸術活動の推進に関する施策の総合的かつ計画的な推進事業に取り組んでいます。

障害者による文化芸術の鑑賞や創造、発表の機会の拡充に向けた取組

障害者等による鑑賞の機会や創造の機会の拡大、作品等を発表する機会の創出などを図る取組を行う団体に委託。

「鑑賞機会の拡充に向けた取組」

障害者が芸術に触れ、自らも芸術活動に参加するという体験機会の拡充を中心に、障害者が必要な支援を受けて文化芸術を鑑賞する機会の拡充に向けた取組を実施

「創造機会の拡充に向けた取組」

障害者が自ら芸術を創造することができる環境を整備するため、以下のような取組を実施

  • 障害者に対する創造の場の確保や情報提供などの支援
  • 創造活動を支援するための人材の養成 等

「発表機会の拡充に向けた取組」

障害のある方たちが制作した魅力ある作品など、日本の障害者の優れた文化芸術活動の成果を広く発信することに対して支援を実施

作品等の評価を向上するための取組等

障害者の作品等が適正な評価を受けることとなるよう、全国の障害者の作品等について、国の美術館において展示の取組を実施。