MMIX Lab

一般社団法人 MMIX Lab

障害をネガティブに捉えず、個性や才能として接する

現在、障害者に必要なのは、人や社会との「つながり」や「希望」、「癒し」さらに「仕事」と定義して、表現活動の制作の場を創出しようと取り組む一般社団法人MMIX Lab(詳しくはこちら)「アーティストとアート・インクルージョンの表現者」2019の取り組みについて、アンケートで伺った。

今回の事業内容の中で、貴団体として新しく取り組んだことはありますか?

国際的に活躍するプロのアーティストが障害者とコラボレーションし制作を行い、企画展を開催したことです。

そのコラボレーションおよび、企画展において気付きや課題の発見はありましたでしょうか?

多くのアーティストは様々な鑑賞者を想定し作品を創ったり、展示活動をしています。しかし障害のある人たちを鑑賞者に想定したアート活動は少ない。プロのアーティストを招聘し障害のある表現者とコラボ制作するコトはお互いに刺激も多く、表現の多様性やユニークな発想、展示方法の工夫など様々な発見がありました。今回初めて賛同いただいた仙台市長の視察訪問もあり意見交換もできましたが、まだまだ未発表の優れた作品が数多くあり、多くの人たちに観てもらう場所や機会を増やしていったり「アート・インクルージョン」(アートでソーシャル・インクルージョン)という創造的な共生社会を目指す取り組みを拡げていくのが今後の課題です。

キャプションが入ります

段ボールを壁に貼ってペンで好きな絵を描く。普段見えてこない可能性が見えてくる。

今回の事業の中で貴団体のもつ特性を活かせましたか?

本団体は就労継続支援B型事業所であるアート・インクルージョンファクトリーと連携協働の実績が以前よりありました。またアート系NPOとしてアートプロジェクトなどの長い実績もあり、アーティストなどクリエイターとの幅広い人脈があることから、実績のあるアーティストをコーディネートができました。また障害者の有無に関わらず、展示などで参加できるアートの拠点整備を進めることもできました。

実績のあるアーティストをコーディネートすることができたとありますが、実績があることに拘った理由を教えてください。

プロ野球選手やプロサッカー選手、アマチュアでも国際的に活躍するオリンピック選手などが訪問すると多くの人は驚きと同時に希望や憧れを感じたりすることと同じです。アート・インクルージョンファクトリーはアート(平面や立体作品、音楽、身体表現)を仕事とする就労継続支援B型事業所ですが世の中ではアートは趣味や道楽と考えている人もいます。しかし社会の諸課題と向き合いアートで食べているプロがいることを知るだけもアートという創造的な仕事に対して誇りと希望を感じ、今後の活動の励みにはなったと考えます。

キャプションが入ります

作品のテーマが自由なら作る工程も自由。一人ひとりの個性に合わせてこれぞアート・インクルージョン。

回答ご担当者様個人としてお答えいただければと思いますが、活動を通して、考え方への変化、日常に対する変化などがあれば教えてください。

障害にもいろいろで知的、身体、精神、高次脳機能障害など多様です。多様な障害者が毎日25〜30名ほど通い、アートいう創造的な活動をしている福祉作業所は少なく、障害者同士でも理解し合うのには時間がかかります。ただ障害をハンディと捉えず、個性や才能と捉え、表現者(アーティスト)として扱うコトにより自信を持ち自己を肯定し、表現したり語り合うコトで統合失調症の人の症状が和らいで来たとの報告もありました。

先の未来にこの課題に取り組みたい、また、こういったことができればいいなと思うことはなんでしょう? 

“障害をネガティブに捉えず、個性や才能として接する”、その才能の生産物(作品など)を仕事として進め、それらを社会に落とし込めるように「つなぎ役」として取り組んでいきたい。またアート・インクルージョンは障害の有無だけでなく性別や年齢、国籍、アートのスキルの有無などの見えないバリアをアートという創造的な手法で乗り越えていく持続可能な取り組みを一過性のイベントではなくプロジェクトとして継続したいと思います。今回の活動では仙台だけでなく、石巻でもアートも活用し日々活動している福祉作業所とも知り合うコトができました。埋もれた多彩な才能を発掘したり、引き出すコトはこれからもできます。表現活動が仕事になり工賃が向上するのが理想ですが、そのためには平面や立体作品の現物だけでなくデザイナーやクリエイターなどとコラボし商品開発をし、グッズ販売なども拡張していく必要があります。アート・インクルージョンのようなアートによる共生社会を目指すといった活動に賛同いただけるお店や企業、自治体などにもアプローチするマンパワーも必要です。
経済的自立を目標にしつつも軌道に乗るまでは公的な外部資金も必要だと感じています。予算があった場合はアート・インクルージョンの表現者の作品やアートグッズを扱ってくれる場所の開拓や管理運営、更に苦手とする営業などを担当してくれる人の人件費などにあてるコトができれば更なる展開が可能だと思います。

PROCESS

制作スケジュール

8-3月

「アート・インクルージョンギャラリー」(仙台)や石巻、鳴子温泉にインクルーシブ作品などの展示空間拠点整備

8-3月

クリエイターと障害者とのアートグッズ開発

8-10月

「パルコキノシタとアート・インクルージョンの表現者」ワークショップ(仙台)

9-2月

「開発好明とアート・インクルージョンの表現者」展示、トーク(仙台)

10-3月

「アーティストとアート・インクルージョンの表現者」展示(東京新宿)

PROFILE

事業団体について
一般社団法人MMIX Lab

一般社団法人MMIX Lab

「アーティストとアート・インクルージョンの 表現者」2019

障がい者の創造的な表現活動の制作の場の創出(仙台一番町、石巻、鳴子温泉)及びアーティストと障がい者とのコラボ制作と展示を石巻、仙台、東京で行う。宮城県石巻で支援者のクリエイターなどと支援の交流拠点(石巻水押「コトのアート研究所」)や大崎市鳴子温泉の古民家をリノベーションしワークショップや展示等ができる拠点整備を行う。
アーティストなどクリエイターらと障がい者が開発したアートグッズを仙台長町のあすと長町復興公営住宅の住民などにお披露目したり、アートワークショップなどを行う。アーティストと障がい者が協働で制作したアート作品などを使用した展示を石巻(コトのアート研究所)、仙台(Aiギャラリー)、東京(SPACE ZERO)で「障がいとアート」をテーマとした展覧会やパフォーマンスなどを行う。

住所:仙台市青葉区片平1丁目3-2-910
電話番号:070-6970-1976
MAIL:info@mmix.org

一覧に戻る