ウェブアクセシビリティ方針について

1.ウェブアクセシビリティについて

ウェブアクセシビリティとは,高齢者や障害者といった,ホームページ等の利用になんらかの制約があったり利用に不慣れな人々を含めて,誰もがホームページ等で提供される情報や機能を支障なく利用できることを意味します。(総務省「みんなの公共サイト運用モデル(2010年度改定版)」から)

ウェブアクセシビリティに関する日本工業規格JIS X 8341-3:2010(以下「JIS」という。)が平成22年に改正公示され,これに伴い改定された総務省「みんなの公共サイト運用モデル(2010年 度改定版)」により,国及び地方公共団体等の公的機関に対しJISに対応したホームページとするための取組みが求められています。

2.文化庁ホームページの取組み

文化庁ホームページでは,誰もが負担なく情報を取得できるよう,JISに基づき,アクセシビリティを継続的に向上していけるように努めています。

平成26年度のホームページリニューアルに伴い「アクセシビリティガイドライン」を整備し,平成27年度には文化庁ホームページのJIS対応状況に関する調査を行い問題の改善に着手しています。また,下記のとおりウェブアクセシビリティ方針を策定し,誰もが負担なく情報を取得できる文化庁ホームページを目指してまいります。

3.ウェブアクセシビリティ方針

文化庁ホームページは,JISに基づき,ウェブアクセシビリティ向上を目指し,達成等級AAに準拠することを目標とします。
※準拠とは

この表記方法は,情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2010対応度表記ガイドライン 第1版 - 2010年8月20日(※ウェブアクセシビリティ基盤委員会ウェブサイトへリンク)」で定められた表記によるものです。


(1)対象範囲


(2)対象外

4.ウェブアクセシビリティ取組み状況

(1)現在の対応状況

平成28年3月にJIS等級AA適合性評価を主要56ページに対して実施しました。
適合性評価結果に関する御意見・お問合せは,検査証(※株式会社インフォクリエイツのウェブサイトへリンク)の「ウェブアクセシビリティに関するご意見」からお願いします。


(2)目標達成状況及び適合性評価の結果


(3)適合性評価で把握した主な問題点

適合性評価の結果,以下のような問題が主に確認されていますので,御利用に際しては御注意願います。御利用に際して支障がありましたら,以下のお問合せ先又は,検査証の「ウェブアクセシビリティに関するご意見」からお願いします。文化庁では,これらの問題について,順次改善を行っていく予定です。


ページの先頭に移動