文化庁創立50周年

本年2018年(平成30年)は,1968年の文化庁創設から50周年を迎える,節目の年となります。併せて10月1日には,昨年6月の文化芸術基本法の成立を踏まえた文化庁の抜本的組織改編による,「新・文化庁」が誕生しました。

「新・文化庁」では,従来の「文化部」と「文化財部」の二部制を廃止し,分野横断的な組織改編を行うことで,いわゆる「縦割り」からの脱却と機動的対応の実現を図るとともに,各省庁にまたがる文化関連施策を「新・文化庁」が「軸」となって総合的に推進する体制の確立を目指しています。

シンボルマークついて

組織改編について

ページの先頭に移動