修理現場から文化力

文化庁では,毎年,国宝・重要文化財(建造物)や重要伝統的建造物群保存地区内の伝統的建造物などの保存修理事業に対し,補助を行っています。また,「修理現場から文化力」ロゴマークを作成し,平成19年6月から,保存修理の現場公開事業や,保存修理に関する普及・広報活動などで使用しています。
国宝・重要文化財(建造物)などの文化財は,所在する地域の歴史・文化を物語るものであり,国民の貴重な共有財産です。保存修理がなされる文化財建造物が,各地域の「文化力」(=人々に元気を与え地域社会を活性化させて,魅力ある社会づくりを推進する力)を盛り上げ,地域振興の核となるよう願っています。

修理現場から文化力のロゴマーク

※ ロゴマークのカラーは萌黄色(もえぎいろ)。萌黄色(もえぎいろ)とは,()え出たばかりの草や木の若芽の色を指す,日本の伝統色です。

文化財建造物保存修理現場の公開等

文化財建造物の保存修理や修理用資材等の重要性について理解を深めてもらうため,平成19年度から国宝・重要文化財(建造物)の保存修理現場の公開や,職人による修理技術の実演,体験学習,保存修理に関する展示や講演会などを実施しています。

「ふるさと文化財の森システム推進事業普及啓発事業」について

現在修理中の文化財建造物

全国約170か所で国庫補助保存修理事業が行われていますが,文化財建造物の所有者の中には独自のホームページを作成し,その中で保存修理事業の内容・経過等を紹介しているものがあります。ここでは,国宝・重要文化財(建造物)や登録有形文化財(建造物)の修理現場について掲載しているホームページの一部を御紹介します。

国宝(建造物)

重要文化財(建造物)

登録有形文化財(建造物)

ページの先頭に移動