文化財防火デー

 毎年1月26日は,「文化財防火デー」です。

 文化財防火デーの制定は,昭和24年1月26日に,現存する世界最古の木造建造物である法隆寺(奈良県斑鳩町)の金堂が炎上し,壁画が焼損したことに基づいています。

 この事件は国民に強い衝撃を与え,火災など災害による文化財保護の危機を深く憂慮する世論が高まり,翌昭和25年に文化財保護の統括的法律として文化財保護法が制定されました。

 その後,昭和29年11月3日に法隆寺金堂の修理事業が竣工し,文化財保護行政も確立するとともに,文化財保護思想の一層の強化徹底を図るために普及啓発事業が行われるようになりました。その一環として,法隆寺金堂の焼損した日であること,1月と2月が1年のうちで最も火災が発生しやすい時期であることから,昭和30年に,当時の文化財保護委員会(現在の文化庁)と国家消防本部(現在の消防庁)が1月26日を「文化財防火デー」と定め,文化財を火災,震災その他の災害から守るとともに,全国的に文化財防火運動を展開し,国民一般の文化財愛護に関する意識の高揚を図っています。

 昭和30年の第1回文化財防火デー以来,毎年1月26日を中心に,文化庁,消防庁,都道府県・市区町村教育委員会,消防署,文化財所有者,地域住民等が連携・協力して,全国で文化財防火運動を展開しています。

 平成28年1月の第62回文化財防火デーでは,国宝「根来寺多宝塔(大塔)」(和歌山県岩出市)や大本山護国寺(東京都文京区)で大規模な防火訓練が行われたのをはじめ,全国各地の文化財所在地で防火訓練等が実施されました。

第62回(平成27年度)文化財防火デーポスター

第62回(平成27年度)文化財防火デー実施要項

第62回(平成27年度)文化財防火デー訓練風景

  • 写真:平成28年1月26日 根来寺(和歌山県岩出市)

    平成28年1月26日 根来寺
    (和歌山県岩出市)

  • 写真:平成28年1月26日 大本山護国寺(東京都文京区)

    平成28年1月26日 大本山護国寺
    (東京都文京区)

  • 写真:平成28年1月15日 池上本門寺(東京都大田区)

    平成28年1月15日 池上本門寺
    (東京都大田区)

  • 写真:平成28年1月26日 輪王寺本堂(三仏堂)の修理用覆い屋(栃木県日光市)

    平成28年1月26日 輪王寺本堂(三仏堂)の
    修理用覆い屋(栃木県日光市)

第62回(平成27年度)文化財防火デー(全国各地の防災訓練の事例)

全国各地で行われた特徴的な防火訓練を紹介します。

北海道・東北 関東 中部 近畿 中国・四国 九州・沖縄

※このページの画像の無断転載を禁じます

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動