施策

 文化財は,我が国の長い歴史の中で生まれ,育まれ,今日の世代に守り伝えられてきた貴重な国民的財産です。これは,我が国の歴史,文化等の正しい理解のために欠くことのできないものであると同時に,将来の文化の向上発展の基礎をなすものです。  我が国の文化財保護の行政は,その制度が明治期に創設され,時代情勢を反映した数次の改正を経て今日までたゆみなく続けられてきました。そして,保護の対象が拡大するとともに,その方法にも種々の配慮が払われ,国と地方公共団体,所有者,国民が一体となって,文化財を保存して次世代に継承することはもとより,積極的に公開・活用を行うように努めています。

ページの先頭に移動