無形文化遺産

無形文化遺産の保護に関する条約

 無形文化遺産の保護に関する条約(無形文化遺産保護条約)は,平成15年(2003年)10月のユネスコ総会において採択され,平成18年(2006年)4月に発効しました。我が国は平成16年(2004年)6月に世界3番目に締結しています。
 本条約は,締約国に対して,国内の無形文化遺産を特定し,目録を作成することを求め,ユネスコにおいて「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表(代表一覧表)」及び「緊急に保護する必要がある無形文化遺産の一覧表(緊急保護一覧表)」を作成することなどを定めています。

無形文化遺産特別委員会

報道発表資料

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動