チケット不正転売禁止法

1.はじめに

「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律」(略称チケット不正転売禁止法)が平成30年12月14日に平成30年法律第103号として公布され,令和元年6月14日から施行されました。

チケット不正転売禁止法ポスター

2.法律の内容(概要・条文等)

本法律は,特定興行入場券の不正転売を禁止するとともに,その防止等に関する措置等を定めることにより,興行入場券の適正な流通を確保し,もって興行の振興を通じた文化及びスポーツの振興並びに国民の消費生活の安定に寄与するとともに,心豊かな国民生活の実現に資することを目的とします。

法律の内容は以下の通りです。

(参考情報)

独立行政法人国民生活センター

3.お問合せ等

本法律の解釈については,下記までお問い合わせください。

なお,お問合せ内容によっては,他の行政機関をご案内する場合もあります。

文化庁文化経済・国際課

TEL03-5253-4111(内線4528)

〒100-8959東京都千代田区霞が関3-2-2

※チケットの売買に関するご相談については,独立行政法人国民生活センター「チケットの転売に関するトラブルにご注意!」をご確認ください。

(御参考)

消費者ホットライン:「188(いやや!)」

チケットの売買に関してトラブル等ありましたら,消費者ホットライン「188(いやや!)」をご活用ください。

ページの先頭に移動