「ふるさと文化財の森」新規設定地について

国宝や重要文化財などの文化財建造物を修理し,後世に伝えていくためには,木材や檜皮(ひわだ)(かや)(うるし)などの資材の確保と,これに関する技能者を育成することが必要です。
このため,文化庁では平成18年度から,文化財建造物の修理に必要な資材のモデル供給林及び研修林となる「ふるさと文化財の森」を設定しています。

○平成30年度の新規設定地について
材種 名称 所在地 所有者 範囲
1 (かや)
(ススキ)
みなかみ町藤原上ノ原(ふじわらうえのはら)茅場 群馬県利根郡みなかみ町藤原字上ノ原 みなかみ町 9.7ha
2 檜皮(ひわだ)
木材
(ヒノキ、スギ)
秩父市栃本(とちもと)市有林 埼玉県秩父市大滝(おおたき) 秩父市 25.6ha
60.2ha
3 檜皮(ひわだ) 乾徳禅寺(けんとくぜんじ)境内林 滋賀県東近江市五個荘川並町(ごかしょうかわなみちょう) 宗教法人
乾徳寺
8.6ha
4 檜皮(ひわだ) 日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)境内林 京都府京都市山科区日ノ岡一切経谷町(ひのおかいっさいきょうだにちょう),日ノ岡夷谷町(えびすだにちょう) 宗教法人
日向大神宮
7.2ha
みなかみ町藤原上ノ原茅場
1.みなかみ町藤原上ノ原茅場
秩父市栃本市有林
2.秩父市栃本市有林
乾徳禅寺境内林
3.乾徳禅寺境内林
日向大神宮境内林
4.日向大神宮境内林

ふるさと文化財の森設定地

ふるさと文化財の森設定地

また,平成31年3月20日,文化庁にて,今回設定した「ふるさと文化財の森」の所有者に,宮田亮平文化庁長官から設定書が交付されました。今回の設定によって,「ふるさと文化財の森」は全国80か所になります。

集合写真(着席)

交付書手渡し1 交付書手渡し2
集合写真 宮田文化庁長官との懇談
ページの先頭に移動