消滅の危機にある言語・方言

日本の言語・方言の中には,消滅の危機にあるものがあります。

それには,ユネスコ(国連教育科学文化機関)が平成21年2月に発表した“Atlas of the World’s Languages in Danger”(第3版)に掲載された8言語・方言や東日本大震災の被災地の方言が該当します。

文化庁では,消滅の危機にある言語・方言の実態や保存・継承の取組状況に関する調査研究をはじめ保存・継承に資する様々な取組を行っています。

“Atlas of the World’s Languages in Danger”(第3版)には,世界で約2,500に上る言語が消滅の危機にあるとして掲載されています。日本国内では,8言語・方言が消滅の危機にあるとされており,掲載されている8言語・方言とそれぞれの危機の度合いは次のとおりです。

  • 【極めて深刻】アイヌ語
  • 【重大な危機】八重山やえやま語(八重山方言),与那国よなぐに語(与那国方言)
  • 【危険】八丈はちじょう語(八丈方言),奄美あまみ語(奄美方言),国頭くにがみ語(国頭方言),沖縄おきなわ語(沖縄方言),宮古みやこ語(宮古方言)
  • ※ユネスコでは「言語」と「方言」を区別せず,全て「言語」で統一しています。

文化庁委託事業

文化庁事業

参考

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,https://get.adobe.com/jp/reader/からダウンロードしてください。

ページの先頭に移動