文化経済戦略推進事業

事業の目的

本事業は,平成29(2017)年に策定された文化経済戦略に基づき,文化を起点に産業等他分野と連携した創造的活動によって新たな価値を創出し,その新たな価値が文化に再投資され持続的な発展につながる「文化と経済の好循環」の実現に向けた実証を行うものです。

事業内容

令和3(2021)年度

準備中

令和2(2020)年度

  • (1)アーティストと企業の共創事業の実施
  • (2)アート×ビジネスに関連した,公開によるプレゼンテーションイベントの実施
  • (3)アーティストによる企業向けワークショップの開催等,アーティストと企業・起業家のネットワーク化を促す場の提供
  • (4)(1)で実施する事業等,企業による文化芸術への投資による事業の社会的インパクト測定・評価のスキーム調査及びその実証,一般への公開に向けた検討
  • (5)アート×ビジネスに関連した事業等への民間資金の投資を呼び込むための調査及び具体的な事業化の検討
  • (6)本事業に関するウェブサイトの構築およびPR業務
  • (7)(1)~(6)の事業実施にあたって,事業を推進する専門家によるワーキンググループの運営事務

令和元(2019)年度

  • (1)アーティストとの交流が企業にもたらす好影響を創出する「Artist In the Office」の実証事業
  • (2)文化を源泉としたビジネス課題解決及びコミュニティを創出する「Culture Thinking Tour」の実証事業
  • (3)文化芸術界・経済界からの有識者を構成とした調査委員会(構成委員は文化庁との協議の上,選出)による「企業・経営者からの「アート・ビジネス(企業経営)」事例のヒアリング調査
  • (4)民間企業の美術品コレクションの形成と活用を通じた文化への投資が継続的になされる仕組みの創出に向けた実証調査

事業内容

令和2(2020)年度

令和元(2019)年度

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動