文化資源活用事業費補助金(文化財多言語解説整備事業)事業実施の手引き

文化資源活用事業費補助金(文化財多言語解説整備事業)では、採択した事業に対して、毎年度補助事業を 実施したことによる成果及び成果指標の変化を継続して把握し、報告することを求めています。

この度、各採択事業者から提出された令和2年度の成果報告について、「文化資源活用事業費補助金(文化財多言語解説整備事業)成果検討委員会」による検討を行い、事業実施にあたり留意すべき事項について「文化資源活用事業費補助金(文化財多言語解説整備事業)事業実施の手引き」として、取りまとめました。

本手引きは、新規事業者が整備事業を実施する際に活用するだけではなく、既採択事業者が事業の成果を適切に把握し、事業を改善していくうえで参考となりますので、ご参照ください。

文化資源活用事業費補助金(文化財多言語解説整備事業)事業実施の手引き(9.3MB)

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動