その他参考:文化庁行政実務研修制度

文化庁では、全国各地から地方公共団体職員を受け入れ、文化政策に関する専門的な行政研修を実施しています。

対象者

 地方公共団体職員

決定

 地方公共団体の長の推薦に基づき、文化庁長官が決定します。

研修期間

  • 地方公共団体と文化庁が協議して定めます。
  • (一般的には1年~数年になります。)

研修内容

  • ・文化庁における所掌事務に関連する業務を通じ、文化行政実務を経験します。
  • ・文化庁関係施設等の見学や庁内で行われる各種講義等の受講、文部科学省が実施する研修に参加することができます。

研修後

「文化芸術創造都市」、「メディア芸術」、「劇場支援」、「文化財保護」等に係る行政実務を経験した後、地方公共団体の文化行政分野での活躍が期待されます。

ページの先頭に移動