文化に関する世論調査について

印刷版(310KB)

文化庁では,文化に関する国民の意識を調査し,文化施策の参考とすることを目的として,例年,文化に関する世論調査を実施しています。この度,令和2年度の調査結果を取りまとめましたので公表します。

1.調査概要

調査目的:
文化に関する国民の意識を調査し,文化施策の参考とすることを目的とする。
調査対象:
全国18歳以上の日本国籍を有する者 3,000人
調査時期:
令和3年1月29日(金)~令和3年2月1日(月)(計4日間)
調査方法:
ウェブ・パネルを用いたインターネット・アンケート調査

2.調査項目

  • (1)文化芸術の鑑賞活動
  • (2)鑑賞以外の文化芸術活動(創作,習い事,祭,体験活動など)
  • (3)子供の文化芸術体験
  • (4)地域の文化的環境
  • (5)文化芸術振興に対する寄付に関する意識
  • (6)文化芸術の振興と効果
  • (7)文化芸術の国際交流・発信

3.調査結果のポイント

  • 新型コロナウイルス感染症の影響により,この一年間の文化芸術の鑑賞経験が減少
  • 文化芸術の鑑賞経験が減少したことにより,「楽しみ」や「幸せ」を感じることが大幅に減っており,人々の生活の質が低下
  • 「文化芸術に使うお金」が減少しており,文化芸術関係の経済活動が停滞
  • 大人のみならず,子供についても文化芸術の鑑賞経験及び創作・出演・体験等の経験が減少
  • オンライン配信(有料)の鑑賞経験は,特に若い年代で鑑賞割合が高い傾向

3.添付資料

「文化に関する世論調査」の調査結果概要

詳細については次のページをご覧ください。

文化に関する世論調査の結果について

<担当>文化庁地域文化創生本部

川村,髙橋,白子

電話:

075-330-6720(代表)

075-330-6725

添付資料

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動