文化審議会答申(選定保存技術の選定・認定・解除)について

印刷版(519KB)

令和3年7月16日

文化審議会(会長佐藤さとうまこと)は,7月16日(金)に開催された同審議会文化財分科会の審議・議決を経て,別紙のとおり選定保存技術の選定及び保持者の認定等について,文部科学大臣に答申しましたのでお知らせします。

この結果,官報告示の後に,選定保存技術の選定件数は90件,保持者数は58名,保存団体は35団体となる予定です。

詳しくは,別紙「Ⅰ.答申内容」「Ⅱ.解説」「Ⅲ.参考」を御覧ください。

<担当>文化庁文化財第一課

課長
鍋島豊(内線2884)
課長補佐
山田隆志(内線2933)
文化財調査官(建造物部門)
結城啓司(内線2796)
文化財調査官(美術工芸品担当)
地主智彦(内線2893)
伊東哲夫(内線2889)
文化財調査官(芸能部門)
𠮷田純子(内線2866)
審議会係長
小林朝子(内線2887)

電話:03-5253-4111(代表)

別紙

選定保存技術の選定及び保持者等の認定制度について掲載しています。

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動