文化芸術に関わる全ての皆様へ

文化芸術に関わる全ての皆様へ 今般の新型コロナウイルス感染症の影響により,全国的な文化イベント等について中止,延期等の検討をお願いして1か月余りが経過しています。感染拡大防止の観点から,関係者の皆様の多大なご協力により,多くのイベントの開催を見送っていただいており,皆様の御対応に心から敬意を表し,また,感謝申し上げます。 一方で,イベントの中止,延期により,活動の場を失い,辛い思いをされている方も多くいらっしゃると思います。日々,鍛錬を重ね,入念な準備をしてきたものを中止するというのは,いかほどの苦渋の選択であったのか,はかり知れません。また,生活にも大きな影響が出て,文化芸術活動をあきらめざるを得ない方も多数いらっしゃるということも伺っております。 芸術家としても生きてきた私の人生を振り返っても,過去に幾度となく,災害などで文化芸術活動の継続が困難となる事態に遭遇しました。一方で,困難に直面した人々に安らぎと勇気を与え,明日への希望を与えてくれたのもまた,文化芸術活動でした。この困難な時こそ,日本が活力を取り戻すために,文化芸術が必要だと信じています。 日本の文化芸術の灯を消してはなりません。 この困難を乗り越え,ウイルスに打ち勝つために,文化庁長官として,私が先頭に立って,これまで以上に文化芸術への支援を行っていきたいと考えています。 明けない夜はありません! 今こそ私たちの文化の力を信じ,共に前に進みましょう。 文化庁長官 宮田 亮平

ページの先頭に移動