令和2年度伝統文化親子教室事業(教室実施型)について

1.目的

次代を担う子供たちが親とともに,民俗芸能,工芸技術,邦楽,日本舞踊,華道,茶道,囲碁,将棋などの伝統文化,生活文化及び国民娯楽に関する活動を計画的・継続的に体験・修得できる機会を提供する取組に対して支援を行うことにより,伝統文化等の継承・発展と,子供たちの豊かな人間性の涵養(かんよう)に資することを目的とします。

2.応募者(事業者)の要件

伝統文化等の振興等を目的とする団体であり,かつ,次のいずれかに該当するものとします。

  1. (1)特例民法法人
  2. (2)一般社団法人・一般財団法人
  3. (3)公益社団法人・公益財団法人
  4. (4)特定非営利活動法人
  5. (5)法人格を有しないが,次の要件をすべて満たしている団体
    • ・定款,寄附行為に類する規約等を有すること
    • ・団体の意思を決定し,執行する組織が確立されていること
    • ・自ら経理し,監査する会計組織を有すること
    • ・団体活動の本拠としての事務所等を有すること

3.対象となる事業

(1)伝統文化親子教室
次代を担う子供たちを対象に,伝統文化,生活文化及び国民娯楽に関する活動を,計画的・継続的に体験・修得できる取組(以下「教室」という。)及び「教室」で修得した技芸等の成果を披露する発表会を開催するための取組(地域で開催される行事等へ参加する取組を含む。)
(2)「放課後子供教室」と連携した取組
伝統文化親子教室事業における連携対象となる取組は,「放課後子供教室」として,伝統文化等に関する活動を体験する機会を提供する取組

※「放課後子供教室」とは,地域学校協働活動の一環として、地域住民等の協力を得て、学校や公民館等、子供たちの安心安全な活動拠点(居場所)を確保し、全ての子供たち(主として小学校)を対象に、放課後や週末等における様々な体験活動や学習機会の提供、また地域住民との交流活動等を支援する取組です。

放課後子供教室は、「新・放課後子ども総合プラン」により、厚生労働省の放課後児童クラブ(いわゆる「学童保育」)と連携した取組を進めていますが、放課後児童クラブとのみ連携している取組は本事業の対象とはなりませんので御注意ください。

なお,連携した取組として応募される場合は,実施を検討している市区町村の「放課後子供教室」の担当部局やコーディネーターと必ず相談・調整を行った上で,応募してください。

「放課後子供教室」に関するお問合せ先

文部科学省 総合教育政策局 地域学習推進課 地域学校協働活動推進室

[電話]03-6734-3260[FAX]03-6734-3718

4.募集期限

令和2年2月14日(金)

(市区町村教育委員会の担当窓口必着。ただし、統括団体のみ、伝統文化親子教室事業事務局必着。)

5.伝統文化親子教室事業専用ウェブサイト

採択事業一覧の閲覧や提出書類のダウンロードができます。

【URL】http://www.oyakokyoshitsu.jp(伝統文化親子教室事業ホームページが別ウィンドウで開きます)

6.お問合せ先

伝統文化親子教室事業事務局(株式会社KNTビジネスクリエイト内)

〒160-0023

東京都新宿区8-14-24西新宿KFビル3階

[電話] 0570-550-321[FAX]03-6730-3236

E-mail:oyakokyoshitsu@gp.knt.co.jp

[対応時間]平日10:00~17:00(土日祝及び年末年始〔12/28(土)~1/5(日)休み)

7.募集案内等

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動