令和3年度危機的な状況にある言語・方言サミット(気仙沼大会)

趣旨

我が国における言語・方言のうち、消滅の危機にあるものについて、ユネスコが平成21年に発行した”AtlasoftheWorld'sLanguagesinDanger”の内容を踏まえて文化庁の委託した調査研究の成果、東日本大震災において危機的な状況が危惧される方言の実態に関する文化庁の委託した調査研究の成果、消滅の危機にある言語・方言に関する最新の調査研究成果及び、消滅の危機にある言語・方言を抱える各地域の取組状況等について、国民に周知し、共に考えることを通して、各地域における消滅の危機にある言語・方言の状況改善につなげる。

主催・共催

文化庁、宮城県教育委員会、気仙沼市、気仙沼市教育委員会、大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立国語研究所、国立大学法人東北大学、国立大学法人琉球大学、国立大学法人北海道大学アイヌ・先住民研究センター

後援

北海道、青森県、岩手県、福島県、鹿児島県、沖縄県、八丈町、公益財団法人アイヌ民族文化財団、河北新報社、三陸河北新報社(石巻かほく)、NHK仙台放送局、tbc東北放送、仙台放送、knb東日本放送、ミヤギテレビ、エフエム仙台、株式会社三陸新報社、気仙沼ケーブルネットワーク株式会社、株式会社ラヂオ気仙沼、一般社団法人気仙沼観光コンベンション協会、日本言語学会、日本口承文芸学会、日本方言研究会

開催日時

令和4年1月29日(土)13:30~17:00、17:30~18:30
令和4年1月30日(日)9:30~14:30

開催場所

気仙沼中央公民館(ホール)

気仙沼中央公民館(スタジオ)1月29日(土)17:30~18:30の一部

(宮城県気仙沼市内の脇1-16-6電話0226-22-6760)

オンライン同時配信(YouTube Live)

日程

令和4年1月29日(土)

13:00
受付
13:30
開会式
13:45
被災地方言の状況と保存・継承の取組報告
  • 大野眞男(岩手大学)
14:15
基調講演「東北方言の魅力を語る―気仙沼方言を通して―」
  • 小林隆(東北大学)
15:15
休憩
15:30
被災地方言の聞き比べ
  • 柾谷伸夫(八戸)、北村弘子(釜石)、尾形幹男(気仙沼)
  • 伊藤恵子(名取)、渡辺美智子(都路)、藤枝安子(茨城)
16:00
津軽方言と南部方言による二人芝居「面接室」
  • 長谷川等(浪岡)、柾谷伸夫(八戸)
17:00
終了
17:15
受付
17:30
被災地方言による語り披露
【ホール】
  • 進行:今村かほる(弘前学院大学)
  • 語り:柾谷伸夫(八戸)、北村弘子(釜石)、小野寺明子(気仙沼)
【スタジオ】
  • 進行:杉本妙子(茨城大学)
  • 語り:伊藤恵子(名取)、渡辺徳子(都路)、藤枝安子(茨城)
18:30
終了

令和4年1月30日(日)

09:00
受付
09:30
開会
09:35
危機言語・方言の判定尺度※
  • 木部暢子(国立国語研究所)
10:10
アイヌ語学習の現状と課題※
  • 北原mokottunas 次郎太(北海道大学アイヌ・先住民研究センター)
10:30
休憩
10:40
ユネスコ危機言語・方言の聞き比べ※
  • 荒田このみ(アイヌ語・十勝)、山丸賢雄(アイヌ語・白老)、
  • 川上絢子(八丈)、鈴木るり子(奄美)、大田利津子(沖縄)、
  • 来間玄次(宮古)、山城直吉(八重山)、宮城政三郎(与那国)
11:00
被災地方言による語り披露
小野寺明子(気仙沼)、伊藤恵子(名取)
11:45
休憩
13:15
協議「民話を通した方言継承の可能性」
  • 櫛引祐希子(大阪教育大学)
  • 佐藤千晶(みなと気仙沼大使、フリーアナウンサー)
  • 柾谷伸夫(八戸、はちのへ童話会)
  • 伊藤恵子(名取、方言を語り残そう会)
14:25
大会宣言・閉会式
14:30
終了
  • 敬称を略しました。
  • 都合により変更となる場合があります。
  • ※は、事前収録した映像を使用します。

申込み方法

どなたでも参加可能です(特に、消滅の危機にある言語・方言に関心のある方)。

  • ・会場参加の場合

    気仙沼市を含む東日本大震災の被災地方言地域(青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県)在住の方のうち、気仙沼中央公民館での参加を希望される方は、下記のいずれかの方法で「気仙沼市教育委員会生涯学習課文化振興係」に申し込んでください。

    • 電話(0226-22-3442)
    • FAX(0226-23-0943)
    • 電子メール(kyosho*kesennuma.miyagi.jp)......*を@に置き換えてください。
  • 上記のいずれかで連絡し、次の必要事項(A~G)を伝えてください。

    • A氏名(ふりがな)
    • B住所
    • C電話番号
    • Dメールアドレス
    • E参加希望日
    • F1月29日(土)17:300~18:30の「被災地方言による語り披露」への参加の有無(参加の場合は、参加希望会場(ホールかスタジオか)も)
    • G会場までの交通手段

    締切りは、令和4年1月26日(水)とします。

    会場参加者は、体調管理、人との距離の確保、マスクの着用、検温・手指消毒に御協力願います。また、会場の駐車場には限りがありますので、乗合せや公共交通機関を御利用願います。

  • ・オンライン参加の場合
  • 上記以外の参加希望者は、下記URLから参加登録をお願いいたします。登録された電子メールで視聴のためのURLをお知らせいたします。

    https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=sBBYVMs2kEKJJkjbwPnpL2-5HievxrJLmy-moxhLvflUMUlPVUw2OVdZSUlQSEhQNzg0WDZOUzI3Ri4u

    締切りは、令和4年1月24日(月)とします。

    令和4年1月26日(水)になっても電子メールでの連絡がない場合には、
    文化庁国語課kokugo*mext.go.jp......*を@に置き換えてください。こちらまでお知らせください。

    オンライン参加QRコード
Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動