令和2年度優れた現代美術の国際発信促進事業の募集(二次募集)について

1.事業の目的

本事業は,我が国の現代美術作品の国際発信に取り組む美術関係団体等を支援することにより,世界のアートシーンにおける我が国現代美術の評価を高めるとともに,我が国における優れた芸術家の育成や作品創造の促進と国際的な評価の向上に資することを目的とするものです。

2.補助の対象となる活動の実施期間

  • (1)「国際発信力のある国内企画展」
  • 令和2年10月1日 ~ 令和3年3月31日

    ※一次募集では補助の対象としておりました「海外アートフェア等参加・出展」につきましては,新型コロナウイルスに起因する海外渡航制限等の状況を鑑みて,改めて募集の検討をいたします。

3.対象となる活動

(1)「国際発信力のある国内企画展」
我が国で開催される国際発信力を有し,我が国の現代美術作家の国際的な評価を高めることに資する展覧会等について補助します。

4.補助の対象となる者

我が国の現代美術の国内外への発信に取り組んでいる団体(以下,「団体」という。)で,かつ,その団体において作品を扱う人材等に高い専門性があり,次の(1)又は(2)のいずれかに該当する団体であること。

  1. (1)法人格を有する団体(日本法人であること。)
  2. (2)実行委員会
  3. 実行委員会が以下の要件を全て満たし,かつ,その中核となる団体が(1)に該当すること
  • ア.定款,寄附行為に類する規約を有し,次のイ~エについて明記されていること
  • イ.団体の意思を決定し,執行する組織(例えば,理事会,役員会等)が確立されていること
  • ウ.自ら経理し,監査する等会計組織(例えば,事務執行者の権限の明確化や監事の配置等)を有すること
  • エ.団体活動の本拠としての事務所を有すること
  • オ.企業会計原則等に基づいた財務諸表又はこれに類する書類を作成していること

5.締切り

令和2年7月16日(木)(必着)

6.提出先

〒100-8959東京都千代田区霞が関3-2-2
文化庁文化経済・国際課連携推進係

提出方法は特定記録郵便等配達の記録が確認できる配送方法によること。(持参不可)

封筒の表に「令和2年度優れた現代美術の国際発信促進事業応募書類在中(国内)」と朱書きで記入すること。

7.応募書類等

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動