博物館等の国際交流の促進事業(実施事業)の募集

1 事業の趣旨

「ICOM京都大会2019」を契機として,若手研究者の海外ネットワークの構築等の国際交流を促進してきたところ,新型コロナウイルスによって甚大な影響を受けている。東京オリンピック・パラリンピックや,さらに2025年の大阪・関西万博を見据え,「新たな日常」に対応した収益力の強化や,日本文化の発信機能の強化が重要であることから,海外の博物館等と連携し,ウィズコロナにおける持続的な国際交流モデルを構築する。

また,本事業で得られる成果を横展開することで,更なる取組の促進を図る。

2 事業の内容

仕様書参照

3 参加資格

(1)予算決算及び会計令第70条の規定に該当しない者であること。
なお,未成年者,被保佐人又は被補助人であって,契約の締結のために必要な同意を得ている者は,同条中,特別の理由がある場合に該当する。
(2)文部科学省の支出負担行為担当官等から取引停止の措置を受けている期間中の者でないこと。
(3)以下のいずれかに該当する者であること。

①博物館(博物館法(昭和26年法律第285号)第2条第1項に基づく登録博物館,若しくは同法第29条に基づく博物館に相当する施設,又は博物館と同種の事業を行い,博物館法第29条に規定する博物館に相当する施設と同等以上の規模の施設)

②国又は地方公共団体指定文化財を所有又は管理している地方公共団体

③①又は②を含む協議会や実行委員会等

(4)その他

・定款,寄附行為又はこれらに類する規約等を有すること

・団体等の意思を決定し,執行する組織が確立されていること

・自ら経理し,監査する等会計組織を有すること

・団体等の活動の本拠としての事務所を有すること

4 公募要領等

5 募集期間

令和3年9月13日(月)~令和3年10月6日(水)17時

6 公募に係るQ&A

7 担当

文化庁 参事官(文化観光担当)付 博物館支援係

TEL:03―5253―4111(代)(内線4897)

E-mail:museum@mext.go.jp

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動