学芸員の資格認定について

1.学芸員資格認定とは

学芸員資格認定は,博物館に置かれる専門的職員である学芸員について,受験者が学芸員となる資格を有していることを認定するため,「試験認定」又は「審査認定」の方法により試験又は審査を行うものです。

「試験認定」については,受験者が学芸員となる資格を有する者と同等以上の学力及び経験を有していることを認定するため,筆記試験(必須科目8科目及び選択科目2科目)を行い,この試験に合格した者には,筆記試験合格証書が授与されます。筆記試験合格者が合格後1年間学芸員補の職を経験し,文部科学大臣に認定されることにより,合格証書が授与され,学芸員となる資格を有することになります。

「審査認定」については,受験者が学芸員となる資格を有する者と同等以上の学力及び経験を有していることを認定するため,「博物館に関する『学識』及び『業績』」(博物館に関する著書,論文,報告,展示,講演,その他の実務経験等)を書類審査の方法により審査し,加えて学芸員としての意欲,態度及び向上心を確認するための面接を行います。これら全ての審査に合格した者には合格証書が授与され,学芸員となる資格を有することになります。

2 受験案内

3 各種申請書様式

資格認定合格後の合格証書の発行や各種手続きをご希望の際は、以下の様式をダウンロードして申請書を作成し、必要な書類を同封の上、提出してください。

各種申請にあたっては、「角形2号(A4の紙が入る大きさ)の返信用封筒(140円切手貼付・返信先明記)」を同封してください。

■「筆記試験合格者」が「試験認定合格者」となるための申請

■ 合格証書を紛失・汚損した場合や氏名に変更があった場合の再交付申請

※改姓名による再交付の申請の際は、戸籍抄本の提出が必要です。

■ 合格証明書・科目合格証明書の申請

【各種手続の宛先】

〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2 文化庁 企画調整課 博物館振興室

4 過去の結果

5 過去問題

お問合せ先

企画調整課博物館振興室

電話番号:03-5253-4111(内線4772)

ページの先頭に移動