国語問題研究協議会

文化庁では、我が国の国語をめぐる諸問題を取り上げ、改善の方法等について研究協議し、国語に対する関心を高めるとともに国語施策に資することを趣旨として、毎年度、国語問題研究協議会を開催しています。

◇◇◇動画「国語施策の紹介」◇◇◇

国の国語施策について紹介する動画集「国語施策の紹介」を公開しました。→こちら

令和4年度 国語問題研究協議会の開催について

令和4年度国語問題研究協議会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以下のようにオンラインで開催します。

テーマ :
社会における漢字の現在地
令和4年8月23日(火)13時~16時30分
開催方法:
事前登録した全国の参加者に向けたオンライン開催(+事前登録者にオンデマンド配信)
※ 一部の時間帯のみの参加も可能です。(通常の参加・視聴登録以外の手続は不要です。)
文化庁、新潟県教育委員会、和歌山県教育委員会

参加申込方法:オンライン登録

◇◇◇参加・視聴登録◇◇◇

6月23日(開催2か月前)以降、こちら の登録フォームで受付を開始します。

※ 参加・視聴URLが分からなくなった場合、改めて登録し直してください。

※ 開催後のオンデマンド配信の視聴についても、当日参加の登録と同じ上記フォームで登録してください。

※ 同一のURLで、当日の参加とオンデマンド配信の視聴のどちらの参加・視聴も可能です。また、一部時間帯のみの参加も可能です。(いずれの場合も、通常の登録以外の手続は不要です。)

※ YouTubeライブへの接続制限がある環境では参加・視聴ができません。YouTubeライブが視聴可能な接続環境を利用してください。

※ このページの下部にある◇◇◇Q&A◇◇◇も御覧ください。

◇◇◇タイムテーブル◇◇◇

13:00~13:05 開会挨拶
13:05~13:20 会の説明

13:20~13:50 取組報告①
13:50~14:20 取組報告②
14:20~14:30 取組報告まとめ

14:30~14:40 休憩時間
14:40~16:25 シンポジウム

16:25~16:30 閉会挨拶

情報機器の普及で、漢字が簡単に変換可能になった一方、手書きする機会は減少しています。このような現代社会における漢字や漢字教育の在り方について考えてみませんか。

令和4年度国語問題研究協議会ポスター:表面

令和4年度国語問題研究協議会ポスター:表面
(クリックすると拡大表示します)

令和4年度国語問題研究協議会ポスター:裏面

令和4年度国語問題研究協議会ポスター:裏面
(クリックすると拡大表示します)

◇◇◇参加者用ダウンロード資料◇◇◇

会の説明、取組報告、シンポジウムで使用する資料です。

事前にダウンロードし、当日参加又はオンデマンド視聴の際に参照ください。

・会の説明(535KB)

・取組報告①(1.7MB)

・取組報告①参考資料(236KB)

・取組報告②(1.5MB)

・シンポジウム(笹原宏之氏資料)(690KB)

・シンポジウム(関根健一氏資料)(668KB)

・シンポジウム(棚橋尚子氏資料)(1MB)

(参考資料)

・「常用漢字表の字体・字形に関する指針」

・「常用漢字表の字体・字形に関する指針」(動画集「国語施策の紹介」)

◇◇◇質問・意見の事前受付◇◇◇

取組報告やシンポジウムに対する、御意見・御質問は、6月23日(開催2か月前)以降、こちらの登録フォームで受付を開始します。

※ 時間の制約等により、全ての御質問には回答できない場合があります。

質問・意見受付フォーム:https://forms.office.com/r/aFh9p6JkqN

◇◇◇オンデマンド視聴可能期間◇◇◇

オンデマンド配信視聴可能期間は以下のとおりです。

(令和4年8月23日までに参加・視聴登録した方が対象です。)

令和4年8月24日(水)~令和4年9月25日(日)

◇◇◇過去の開催内容◇◇◇

過去の国語問題研究協議会については、こちら

◇◇◇Q&A◇◇◇

Q1:
全ての時間帯に参加する都合が付かない。一部の時間帯のみの参加は可能か。また、当日は参加せず、オンデマンド配信のみ視聴することは可能か。
A1:
一部の時間帯のみの参加やオンデマンド配信のみの視聴も可能です。特別な手続の必要はありません。通常の参加・視聴登録をしてください。登録の際に表示される同一の参加・視聴URLで、当日の参加もオンデマンド配信の視聴も可能です。
Q2:
オンラインの開催やオンデマンド配信は、どのようなシステムを利用するのか。
A2:
当日のオンライン開催や後日のオンデマンド配信は、どちらもYouTubeライブを利用する予定です。インターネットにつながる環境であれば、特に準備は必要ありません。参加・視聴URLは、参加・視聴登録の際に案内します。参加・視聴URLを忘れてしまった場合、改めて登録し直してください。
Q3:
当日のオンライン参加や後日のオンデマンド視聴は、どのようにしたらいいのか。
A3:
参加・視聴登録の際に参加・視聴URLを御案内します。
開催日時又はオンデマンド視聴時間(視聴可能期間中いつでも)にそのURLに接続して参加・視聴してください。
接続ができない場合、YouTubeライブに接続可能な環境であるか確認してください。(コンピューターや通信環境についてなど、技術的な御質問にはお答えできません。)
Q4:
参加・視聴のためのURLを忘れてしまった。どうしたらいいか。
A4:
改めて参加・視聴登録フォームから登録をしてください。(以前の登録内容の削除手続等は不要です。)
Q5:
参加・視聴のためのURLを記載したメールが送られてこない。どうしたらいいか。
A5:
参加・視聴のためのURLは、参加・視聴登録の際に御案内しています。開催日が近付いたときメールを送るといったことはしていません。
URLが分からなくなってしまった場合は、改めて参加・視聴登録をしてください。
Q6:
参加・視聴登録をしたが、キャンセルしたい。どうしたらいいか。
A6:
手続は不要です。
参加しない場合は、開催日時に接続しなければ差し支えありません。(後日のオンデマンド配信の視聴も任意です。)

<本件担当>
文化庁国語課
東京都千代田区霞が関3-2-2
電話03-5253-4111(代表)

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動