「生活者としての外国人」に対する日本語教育の内容・方法の充実 (カリキュラム案,ガイドブック,教材例集,日本語能力評価,指導力評価,ハンドブック)

平成19年7月に文化審議会国語分科会に日本語教育小委員会を設置し,外国人が日本社会の一員として日本語を用いて円滑に生活を送ることができるよう,「生活者としての外国人」に対する日本語教育の内容・方法について計画的な検討を行い,国語分科会として以下のものを順次取りまとめました。

上記[1]「標準的なカリキュラム案」,[2]「活用のためのガイドブック」,[3]「教材例集」,[4]「日本語能力評価について」,[5]「指導力評価について」,[6]「ハンドブック」を冊子で御希望の場合は,下記の方法でお申し込みください。

原則として,お一人につき,1部お送りいたします。ただし,数に限りがありますので,御希望に沿えない場合がございます。

申込方法

  • ○冊子の入手を希望される方は,以下の情報を明記の上,メールでお申し込みください。
  • 着払いの宅配便で発送します。

    • ・希望する冊子名(全て)
    • ・届け先の情報(郵便番号・住所)
    • ・電話番号
    • ・氏名
  • ○申込宛先

    文化庁国語課日本語教育企画係

    メールnihongo@mext.go.jp

<問合せ先>
文化庁国語課日本語教育企画係
住所:100-8959
東京都千代田区霞が関3-2-2
電話:03-5253-4111(内線2840)
E-mail:nihongo@mext.go.jp

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動