文化財

 文化財は,我が国の長い歴史の中で生まれ,はぐくまれ,今日まで守り伝えられてきた貴重な国民的財産です。このため国は,文化財保護法に基づき重要なものを国宝,重要文化財,史跡,名勝,天然記念物等として指定,選定,登録し,現状変更や輸出などについて一定の制限を課す一方,保存修理や防災施設の設置,史跡等の公有化等に対し補助を行うことにより,文化財の保存を図っています。また,文化財の公開施設の整備に対し補助を行ったり,展覧会などによる文化財の鑑賞機会の拡大を図ったりするなど文化財の活用のための措置も講じています。
 さらに,我が国を代表する文化遺産の中から顕著な普遍的価値を有するものをユネスコに推薦し,世界文化遺産への登録を推進しています。

お知らせ

関連法令・構想等

施策・事業一覧

  • 施策の概要

    文化財保護に関する(1)文化庁の施策と予算,(2)地方の施策と予算,(3)税制を御覧いただけます。

  • 各種助成金・支援制度等

    文化財保護に関する各種助成金・支援制度等を御覧いただけます。

  • 文化財保護に関する普及啓発活動

    文化財愛護・普及活動や,文化財の防火,防災,防犯対策,文化財建造物の耐震対策等を御覧いただけます。

  • 高松塚古墳・キトラ古墳

    高松塚古墳・キトラ古墳の概要と高松塚古墳壁画の保存の経緯などを御覧いただけます。

  • アイヌ文化の振興

    アイヌ文化の振興事業,「民族共生の象徴となる空間」における博物館の検討状況を御覧いただけます。

文化審議会・懇談会等

報告書・通知等

出版物

公募

担当

文化庁文化財部

ページの先頭に移動