令和5年度ハラスメント防止対策支援事業について

文化庁では、この度令和5年度ハラスメント防止対策支援事業を実施します。概要は以下の通りです。詳細については募集案内を確認してください。

ハラスメント補助金概要ポンチ絵

令和5年度ハラスメント防止対策支援事業(378KB)

1.目的

文化芸術分野においては、制作や実演の現場において暴言等による精神的な攻撃や演出等を理由とした性的な言動など、パワーハラスメントやセクシュアルハラスメント等(以下、「ハラスメント」という。)に関する問題も生じていることから、作品・公演単位でのハラスメント防止対策の取組を促進することを目的として本事業を実施します。

2.補助対象事業

最終的に広く一般に対し有償の鑑賞機会を提供する目的で行われる文化芸術活動(作品制作や公演活動等)に伴い実施される、講習会の実施や専門家の配置等のハラスメント防止対策の取組であって、令和6年1月から令和6年3月19日の間に開始され、かつ完結するもの、を補助対象事業とします。

補助対象事業
  • 対象は、文化芸術基本法第8条~第12条において振興するとされている以下分野の活動における取組とします。
  • 文化芸術活動(作品制作や公演活動等)の「作品・公演単位」とは、1枚のチラシでプロモーションを行えるような活動のまとまりを想定しています。
  • ハラスメント防止対策の取組とは、制作や実演の場においてハラスメントを生じさせないよう、活動に参加する者の意識啓発を図る取組や、ハラスメントが生じそうな場面に専門家を配置するといった取組を想定しています。
  • 制作や実演の場においてハラスメント防止対策の取組の効果を受ける者が、実人数で20人以上の取組を対象とします。

3.補助対象経費、補助金の額、件数

補助対象経費 作品・公演単位で実施されるハラスメント防止対策に要する経費のうち、講習会の実施や専門家の配置等に係る外注費
補助金の額 補助対象経費の合計額の2分の1または、20万円のいずれか低い額
件数 以下①~③の各分類について最低支援件数を設け、それ以上の申請については予算(1500万円)の範囲内で申請順に交付決定
作品制作活動に付随して実施される取組 25件
公演活動に付随して実施される取組 25件
①②以外の取組 10件

4.補助対象者

  • 継続的に(直近複数年に複数回)広く一般に対し有償の鑑賞機会を提供する文化芸術活動を行っている団体、またはそれらの者により構成される団体であること(実行委員会を含む)
  • 対象活動を主催又は製作又は制作していること
  • 補助事業終了後、事業実施状況がわかる写真資料の提供を約すること
    本年度の本事業について、1団体が申請できる件数は1件です。
    なお、本年度事業の支援を受けた者について、次年度も本事業が実施された場合、次年度事業への申請を制限することがあります。

5.申請期間、申請方法

令和5年12月20日(水)14:00~令和6年2月26日(月)23:59

申請が予算上限に達した場合は受付を終了します。

【オンライン申請フォームの送信完了】と【メールによる申請書類の提出】双方の手続きが必要です。

1)オンライン申請フォームの送信完了

オンライン申請フォーム

2)メールによる申請書類の提出

募集案内 p.8 をご覧ください。

6.説明会の実施

①令和5年12月18日(月)14:00、②令和5年12月21日(木)11:00に、オンライン説明会を開催します。(説明内容は基本的に同じです。説明30分程度+質疑応答)【終了しました】

7.募集案内等

8.交付決定一覧

令和5年度ハラスメント防止対策支援事業_交付決定一覧(令和6年1月16日時点)(166KB)

9.事例紹介

順次掲載します

10.本件担当

文化庁 文化経済・国際課 文化芸術活動基盤強化室

電話03-5253-4111(代表)(内線3120)(平日9:30~18:15)

メール:kibankyoka@mext.go.jp

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには、Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は、こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動