文化芸術活動の基盤強化

文化庁では、芸術家等が安心・安全な環境で文化芸術活動ができるよう契約の書面化の推進や適正な契約関係の構築について推進するなど、芸術家等・団体の活動基盤の強化を図っています。

お知らせ

文化芸術分野の適正な契約関係構築に向けたガイドライン(検討のまとめ)

文化芸術の担い手である芸術家等が安心・安全な環境で業務に従事できるよう、令和3年9月から外部有識者による「文化芸術分野の適正な契約関係構築に向けた検討会議」を開催し、契約の書面化の推進や適正な契約関係の構築等について検討を行いました。

令和4年7月、同会議での検討結果を「文化芸術分野の適正な契約関係構築に向けたガイドライン(検討のまとめ)」として公表しました。

芸術家等実務研修会の実施

上記ガイドラインの内容が関係者間で広く共有・活用されるよう、令和4年度から芸術家等実務研修会を実施します。

芸術家等の基礎知識

文化芸術分野で活動される方々が「個人で活動する」ために必要な知識や制度について、基礎的な情報をまとめました。

文化芸術分野の契約等に関する相談窓口

文化芸術分野の契約に関係して生じる問題やトラブル、文化芸術分野の適正な契約関係構築に向けたガイドラインに関する質問等について、専門的な知識・経験を有する弁護士が対応する相談窓口を設置しています。

文化芸術分野の契約等に関するよくあるご質問

文化芸術分野の契約に関係して生じる問題及びトラブル、文化芸術分野の適正な契約関係構築に向けたガイドラインに関する質問等について、よくあるご質問をまとめています。

その他

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには、Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は、こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動