答申・報告等冊子版の入手方法

  • 冊子版の入手方法は二通りあります。
  • 原則として,お一人様1冊のみの配布となりますので御了承ください。
[1] 窓口での配布
文化庁国語課(東京都千代田区霞が関3−2−2 旧文部省庁舎5階)まで直接お越しいただければ,お渡しいたします。事前に在庫確認のため,電話(03-5253-4111)にて御連絡願います。
[2] 郵送による配布
返信用切手(必要額面は下表を参照のこと)を貼った封筒(角2封筒:A4サイズの冊子が入る大きさのもの)に,返信先の郵便番号・住所・氏名等を表書きしたものを,別の封筒に入れ,文化庁国語課までお送りください。ゆうメールにて冊子を郵送します。
住所:
〒100-8959 東京都千代田区霞が関3−2−2
文化庁国語課 宛
※ 封筒の表に,御希望の冊子の正式名称を朱書きしてください。

【冊子名及びゆうメール料金】

答申・報告等冊子名 冊子の重さ
(目安)
ゆうメール料金
これからの時代に求められる国語力について(平成16年2月) 130g 180円
敬語の指針(平成19年2月) 200g 215円
改定常用漢字表(平成22年6月) 650g 360円
国語分科会として今後取り組むべき課題について(報告)
(平成25年2月)
90g 180円
「異字同訓」の漢字の使い分け例(報告)(平成26年2月) 120g 180円
分かり合うための言語コミュニケーション(報告)(平成30年3月) 220g 215円
報告等冊子名 冊子の重さ
(目安)
ゆうメール料金
「生活者としての外国人」に対する日本語教育の
標準的カリキュラム案について(平成22年5月)
490g こちらをご覧ください
「生活者としての外国人」に対する日本語教育の標準的
カリキュラム案活用のためのガイドブック(平成23年1月)
210g こちらをご覧ください
「生活者としての外国人」に対する日本語教育の標準的
カリキュラム案 教材例集(平成24年1月)
590g こちらをご覧ください
「生活者としての外国人」に対する日本語教育における
日本語能力評価について(平成24年1月)
230g こちらをご覧ください
「生活者としての外国人」に対する日本語教育における
指導力評価について(平成25年2月)
190g こちらをご覧ください
日本語教育の推進に向けた基本的な考え方と
論点の整理について(報告)(平成25年2月)
100g 180円
「生活者としての外国人」のための日本語教育
ハンドブック(平成26年8月)
70g 180円
地域における日本語教育の推進に向けて
-地域における日本語教育の実施体制及び日本語教育に関する調査の共通利用項目について-[報告](平成28年2月29日)
260g 310円
地域における日本語教育の推進に向けて
-地域における日本語教育の実施体制及び日本語教育に関する調査の共通利用項目について-[事例集](平成28年2月29日)
220g 215円
日本語教育人材の養成・研修の在り方について(報告)改定版(平成31年3月4日) 440g 310円
ページの先頭に移動