「生活者としての外国人」のための日本語教室空白地域解消推進事業
ICTを活用した「生活者としての外国人」のための日本語学習コンテンツの開発・提供

1.事業の目的

我が国の在留外国人が大幅に増加している現状を踏まえ政府や地方公共団体においては関連団体との連携を図りつつ様々な日本語教育施策を展開していますが,地方公共団体によっては「生活者としての外国人」を対象とする日本語教室が設置されていない市区町村(空白地域)も多数存在しており,そういった地域に住む外国人が社会から孤立したり,また,地域で十分に力を発揮できない状況を改善するため,独学で生活に必要な日本語の学習ができるICTを活用した学習コンテンツの開発・提供を行います。

2.ICTを活用した「生活者としての外国人」のための日本語学習コンテンツの開発・提供に関する調査研究

3.ICTを活用した「生活者としての外国人」のための日本語学習コンテンツの開発・提供

「生活者としての外国人」のための日本語学習サイト
つながるにほんご ひろがるくらし

  • ○名称「生活者としての外国人」のための日本語学習サイト 「つながるひろがる にほんごでのくらし」
  • https://tsunagarujp.bunka.go.jp/
  • ○対象日本に住み始めたばかりで,日本語を初めて学ぶ人
  • ○特徴
    • 基本的な日本語の表現・言葉の学習を目的にしています。
    • 日本で暮らす外国人が経験する生活の場面に特化しました。
    • 動画を中心とすることにより,学習する言葉がどういった場面で使われるか分かるようにしました。
    • 日本語のレベルに応じて場面を選択することや,関心のある場面を選択して学び始めることができるようにしています。
    • 興味がある場面やキーワードで,学習コンテンツを検索できるようにしました。
    • シンプルなシステム構成にしました。
    • 日本語以外にも生活で必要な情報を得られるようにしました。
  • ○対象言語

    日本語・英語・中国語・ポルトガル語・スペイン語・ベトナム語

    【今後の開発予定】

    令和2年度:インドネシア語,フィリピン(タガログ)語,ネパール語,カンボジア(クメール)語

    令和3年度:タイ語,ミャンマー語,モンゴル語,韓国・朝鮮語

  • ○推奨環境こちらを御覧ください。
  • ○活用方法

    本サイトについてはリンクは自由とします。また,リンク掲載する場合にはバナー及び多言語版名称を御活用ください。

4.広報ツール

5.活用説明会

令和2年度

日本語学習サイト「つながるひろがる にほんごでのくらし」の活用促進を目的として,活用説明会をオンラインで2回開催しました。両日合わせて960名の方にお申込みいただき,「サイトの趣旨がよく分かった」「活用方法がよく分かった。外国人に周知したい」等のコメントをいただきました。

(1)日時

令和2年11月27日(金)14:00~15:00(1時間)

12月8日(火)11:00~12:00(1時間)

(2)内容

  1. 次第
    • 開会 説明会概要説明
    • あいさつ
    • 事業趣旨の説明
    • サイトの基本的な使い方について
    • 広報ツールの活用について
    • 質疑応答
    • サイトの応用的な使い方について
    • 閉会
  2. 資料
    当日説明資料(2.5MB)
    日本語学習サイト「つながるひろがる にほんごでのくらし」活用ガイドブック
  3. 当日の様子
    説明会の様子を動画に収録しましたので,当日参加できなかった方はこちらを御覧ください。
  4. 質問とその回答
    事前,説明会中に寄せられた質問について,以下のようにまとめ回答しました。
    質問とその回答(198.2KB)
Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動